やり目的で出会い系サイトやアプリを使う方法

お互いがセックスを楽しむために

セフレとはお互いがセックスを楽しむためだけに付き合う男女関係をいいます。
これって多くの男性にとってはまるで夢のような間柄ともいえ、セフレ関係を求めて多くの男性がやり目的で出会い系サイトを利用しているのが現状です。

けれども、いざセフレを求める際には注意したいことがあります。

それは、セフレの定義の中の「お互いがセックスを楽しむ」という点をしっかり理解するということです。
男性の中には、セフレ女性をただの自分の性欲を満たすためだけの相手としか見ていない人が少なくありません。
しかし、セフレをする女性ももちろん自分自身が快楽を得ることも求めています。

だから男性が自分だけの欲望を発散させるだけで終わってしまったのでは期待外れになってしまい、そんな状況が続くようではセフレ関係を解消されてしまうこともあり得るでしょう。
また恋人や夫といった特定のパートナーがいながらもセフレ関係を持っている場合には、そのパートナーとのセックスに満足していないことが多いのです。

したがって、女性の求めるセックスをしっかり把握してそれを満たしてあげることが必要となります。
さらにセフレをする女性はセックスを楽しみたいと考えているのですから、ただ挿入するという行為だけでは物足りないと思っていることもあるでしょう。
前戯や愛撫に時間を掛けたり普段行なわないプレイをやってみたり道具を使ってみたりと、一般的に行なうようなセックスとは異なるいろいろな刺激で女性を高めるための努力も必要ですよ。

SNSで新しい出会いを手にする

SNSでいろいろな人たちとコミュニケーションを行なっている人はたくさんいます。
現在人気の高いSNSというとラインが挙げられますが、これは若い人だけでなくある程度年配の人たちも利用している便利なツールのひとつです。

SNSのタイプには登録していないと利用できないクローズなものと、サイトに登録していなくても中の様子を見ることができるオープンなものがあります。
コミュニケーションツールとして優秀なSNSですから、これを出会いに利用しない手はありませんよね。
しかし、出会いの目的がやり目的なものならなかなか上手くいかないのが実情かと思います。
というのも一般のSNSは健全なお付き合いを提供してくれたり応援してくれるものですが、アダルトな関係を求める書き込みをすると厳重注意を受けたり下手をすると即退場となることもあるからです。

SNSで出会った人と恋愛関係になるというケースももちろんありますが、それとアダルトな関係とは別物です。
セックスを目的とした関係の相手を求めるなら、出会い系サイトを利用するほうが効率的でしょう。

出会いがやり目的ならセフレ専用サイトを利用するべきです。
しかし人間関係というのはどうなるものか予測もつきませんから、普通のSNSを新しい出会いの場として利用してみるのもいいかもしれませんね。
ただしその際には、下心をできるだけ表に出さないようにコミュニケーションを取るようにしましょう。

お互いの認識を確認する

セフレ関係になるには、お互いが合意することが必要です。
「そんなの当り前じゃないか」という人もいることでしょう。
でも、セックスをする間柄になった男女のそれぞれの思いが常に同じであるとは限らないからです。
たとえば、あなたが合コンに参加したと設定しましょう。

あなたがやり目的で出会い系を使い、上手く好みの女性と知り合いホテルへ行ってセックスをしたとします。
その時点であなたは「これでセフレゲット!」と考えるかもしれませんが、相手はセフレ関係になることを了承しているのでしょうか。

ひょっとすると女性は合コンに恋人を見つけにやってきており、あなたがタイプでその人物から誘われたからホテルについてきたのかもしれません。
そして男性は私のことが気に入って付き合いたいからこそセックスをしたいと誘ってくれたに違いない…、そう思っていることもあり得るのです。

つまり、あなたは女性をセフレとして見ているのに対して女性はあなたを恋人として考えているというわけです。
その後、改めてお互いの気持ちや考え方の確認をしない限り、いつまでも認識の違いは続いていきます。
そしてあなたがそろそろその女性とのセックスも飽きてきたしセフレ関係を解消しようと別れ話を切り出すと、相手はセックスだけが目的で弄ばれたと思うこととなってしまうことでしょう。
こういった考え方の相違は、最初にお互いの認識を確認しておくことで防げることをしっかり念頭に置いておくようにしましょう。

やり目的の出会いを楽しむために

セックスの好みや性癖というのは人それぞれですよね。
ましてやAVなどでセックスについていろいろと知ることはできますが他人がリアルに行なうセックスを目のあたりにする機会はほとんどありませんから、何が正しくて何が間違っているかなどはハッキリ言ってわからないのが実情です。
したがって、自分の好んでいるセックスがノーマルなのか、アブノーマルなのかという判断はなかなか難しいことです。
それ以前に、アブノーマルなセックスというもの自体が存在するのだろうかという問題にも行きつくのではないでしょうか。
ただ、自分の好むセックスは恋人やパートナーが嫌がるからひょっとするとアブノーマルなのかもしれないと思う人もいるかもしれません。

また、ノーマルなセックスだとしても相手が好まないケースもあるでしょう。
そんな場合、その行為を行なうのを我慢していては欲求不満になるのは当然のことですよね。
だから、今人気の出会い系サイトを利用してセフレを見つけ、自分の好むセックスを楽しみたいという人が増えています。
しかしセフレ関係というのは「お互い」がセックスを楽しむのがルール、ですからそれぞれがそのセックスプレイを楽しむことができるのが大前提となります。

出会い系サイトではさまざまな機能があり、その中には「検索機能」もあります。
この機能を利用して自分の希望するプレイと同じものを望んでいるやり目的の相手を探し出せば、気兼ねなくお互いがプレイを楽しむことができることでしょう。

まずは無料サイトを利用しよう

セフレという特に男性にとっては夢のような存在の女性を探す方法は以前にはほとんどなく、セフレを作るにも非常に困難を要しました上にその成功率も決して高くありませんでした。

しかし、セフレサイトの出現によってそんな苦労なしに比較的簡単にセフレを見つけることが可能となりました。
セフレを探すのならセフレサイトが最も効率的且つ効果的とさえいわれています。
その最大の理由は、セフレサイトを利用している人は皆セフレを求めている人なのですべての目的が同じなら出会いの確率も自然とアップするからです。

セフレサイトには無料で利用できるものも少なくなく、そんなサイトでもさまざまな機能があるのでそれらを利用すれば自分好みの相手を探すことがさらに容易になります。
サイトを利用する際には、自分の求めるセックスやその好みなどに関して正直に記載しておくほうがいいでしょう。
セックスの嗜好はセフレ関係において非常に重要なポイントですから、相手選びや相手から選んでもらう場合に有効になり得ます。

出会い系サイトの数は膨大でそれぞれに特徴を持っています。
比較サイトや口コミなどでそのサイトに関しての情報を得ることは可能ですが、やはり実際に使ってみなければわからないことも多いはずです。
ですから、まずは無料のサイトに登録して利用したうえで判断することをおススメします。
サイトの雰囲気はどんなものか、どんな人やどんな年齢層の利用が多いか、やり目的でも使えそうか、それらを把握したうえで実際にメッセージのやり取りを始めるといいでしょう。

無料サイトならもし自分に合いそうにないと思えばすぐに退会すればいいだけですから、何の問題もありませんよね。(更新日:2017/04/27)

ページ上部へ戻る